神戸大学石川慎一郎研究室 (応用言語学,コーパス言語学,計量言語学) 神戸大学石川研究室

石川ゼミ 博士前期課程・後期課程正規学生および研究生募集

     

求める学生

神戸大学国際文化学研究科グローバル文化専攻外国語教育論講座外国語教育コンテンツ論コース石川ゼミでは,英語や日本語のコーパス(大規模な言語データベース)を活用した言語研究および言語教育研究に関心を持つ方の受験を歓迎します。とくに,(1)言語の計量的分析に強い興味があり,(2)研究成果の言語教育への応用に意欲を持ち,(3)基礎的なコンピュータリテラシを持ち,(4)将来何らかの形で言語教育に関わる場で働こうとする学生を求めます。

ゼミで扱う主な研究テーマ
本ゼミで扱う研究は,「コーパス言語学を基盤とした応用言語学・言語教育学研究全般」となります。ゼミでは,コーパス・言語分析・言語教育が互いに重なりあう学際分野の研究を奨励しています。このため,言語分析だけで研究を終えるのではなく,得られた言語学的知見を教育実践に応用することや,得られた知見に基づく教材開発や教授法開発までを視野に入れた研究が重要になります。過去のゼミ修了生の論文テーマは下記です。

 (博士論文)「記述的視点に基づく日本語「~込む」型複合動詞の用法の解明:韓国人母語話者を対象とした日本語教育への示唆」,「日本人英語学習者による基本動詞使用」,「現代日本語漢語サ変動詞の構造と用法―コーパス研究の日本語教育への応用―」
(修士論文)「中国語の類義語について:コーパス・データに基づく“高兴”と“愉快”の意味的傾向性分析」,「英語関係代名詞whichの機能と修得―コーパスに基づく記述的研究―」,「大規模コーパスに基づく英語起動表現の用法分析 : 学校英語教育のための産出型文法の構築」,「日本人英語学習者による基本動詞使用」,「英語強意詞の用法:NS/NNSコーパスに基づく分析結果の教育的応用」,「現代日本語におけるカタカナ語使用状況の計量的研究」,「学習者のための英語基本コロケーションリストの開発―英語教育へのコーパス言語学の応用―」,「日本人英語学習者による基本前置詞運用」,「アジア圏学習者による英語法補助詞使用―中日学習者を中心に―」,「日本人中学生のための前置詞指導システムの開発」,「中国人日本語学習者による日本語複合動詞使用の状況―「合う」型複合動詞を中心に―」


■本ゼミの指導方針
石川ゼミは「学生を甘やかさない」という基本方針を取っています。ゼミは原則として毎週2回行っており,長期休暇中にも指導があります。また,ゼミ生は,前期課程の場合,2年間で平均100頁程度,後期課程の場合,3年間で平均350頁程度の論文を執筆し,このほか,毎年,1~2回の学会発表や学外論文投稿を行います。ゼミでは,最短期間で修了できるよう,論文書式や研究作法を含め,細部に至るまで厳しく指導します。従って,研究への強い意欲と熱意を持ち,併せて,在学中は研究に専念できる環境を整えている学生が本ゼミに向いています。逆に,「無理せず楽しく学びたい」,「好きなテーマを自由に研究したい」,「修士2年,博士3年の枠に縛られず,ゆっくり自分のペースで研究を進めたい」という方は,本ゼミには向いていません。ゼミ生の大学院入学までの経歴やバックグラウンドはさまざまですが,入学後は,良い言語研究・言語教育研究に一歩でも近づけるよう,みな,一丸となってがんばっています。2016年度現在,ゼミには後期課程2名,前期課程4名が所属しており(研究生含),同じ目的を持った学生と競い合い,助け合いながら研究を進めていく環境が用意されています。

■本ゼミで受け入れる学生の種別
・博士後期課程正規学生
・博士前期課程正規学生
・博士後期課程研究生(将来的に博士後期課程入学試験の受験を予定している者)
・博士前期課程研究生(将来的に博士前期課程入学試験の受験を予定している者)
・博士前期/後期課程短期研究生(別の大学院に在籍しながら,1か月~数か月にわたって日本に滞在し,石川研究室で研究を行うことを希望する者)

■石川ゼミを志願される方へ(正規学生・研究生共通)
1)まず,下記の文献のうち,最低,1冊をお読みください。(書籍の詳細情報はこちら。)
 ・石川慎一郎(2008)『英語コーパスと言語教育』(大修館書店)★英語研究者向け
 ・石川慎一郎他(2010)『言語研究のための統計入門』(くろしお出版)★英語・日本語研究者向け
 ・石川慎一郎他(2012)『日本語教育のためのコーパス調査入門』(くろしお出版)★日本語研究者向け
 ・石川慎一郎(2012)『ベーシック コーパス言語学』(ひつじ書房)★英語・日本語研究者向け
 ・石川慎一郎(2017)『ベーシック応用言語学』(ひつじ書房)★英語・日本語研究者向け

2)その上で,コーパスを用いて自分が行いたい研究テーマを定め,研究計画書(A4で2枚程度。様式は自由)を執筆ください。研究計画書は,人の手を借りず,独力で執筆することとし,目的・先行研究・リサーチクエスチョン・手法・予想される結果・教育的示唆およびこれまでに着手済みの内容(パイロット調査,先行分析など)について明記してください。また,上記の書籍を読んで学んだことが研究計画書にきちんと反映されているように注意してください。
3)研究計画書をメイル(iskwshin@gmail.com宛て)で送信ください。また,研究生希望者は,このほか,研究計画書と一緒に,N1証明書,CET証明書,履歴書を添付ファイルで送信してください。
4)受け入れ可能性がある場合,こちらから返信を行います。その際,国内在住者には,原則として,出願前に事前面談をいたします。海外在住者には電話でのインタビューを行います。
5)本ゼミを志望されて入試に合格した場合,修了まで継続的に指導に当たれるよう努めますが,教員の退職・転勤・長期海外出張・サバティカルなどにより,修了年次までの継続的な指導が行なえなくなる可能性があります。この点についてはあらかじめご承知おきください。

■正規学生を志願される方へ
 前期課程の場合は,まだ具体的に研究計画が定まっていない場合であっても相談に乗ります。研究計画書を書く前に簡単な面談や授業見学などを希望される方は,遠慮なく,メイルでお問い合わせください。本ゼミは,神戸大学学部出身者に限らず,広く全国,また,海外からも学生を受け入れています。また,本ゼミには,文学部・外国語学部・教育学部だけでなく,法学部や経済学部の出身者もいます。
 後期課程の場合は,規定の3年間で博士論文を執筆することが前提となります。そのため,他大学の修士課程から本ゼミに入ろうとされる場合は,(1)修士論文もしくはそれに相当する論文が100p程度あること,(2)できれば修士の間に学会発表and/or論文発表を済ませていること,(3)コーパス的な研究手法について一定の知見があること,などが求められます。希望される場合は,研究計画書を書く前に面談を行うことも可能です。

 《参考》 過去の石川ゼミ修了生の進路  
後期課程修了者: 環太平洋大学教授,西安理工大学専任教員,関西大学非常勤講師,神戸大学非常勤講師,神戸大学学術研究員
前期課程修了者: 私立松蔭中学校高等学校講師,私立西大和中学校・高等学校講師,兵庫県立高等学校教諭(2),神戸大学附属中等教育学校教諭,Sony Computer Entertainment Inc, Taiwan,ダイハツ(株),三菱電機(株),(株)白鳩,日立ソリューション他。


■研究生を志願される方へ
 研究生として,石川ゼミに出願される場合,下記について,事前にご了解下さい。
1)研究生に入っても修士・博士の試験に合格できるとは限りません。
2)石川ゼミでの研究生としての受け入れ期間は,春入学の場合,最大1年間,秋入学の場合,最大1年半とします。大学院入試の合否結果に関わらず,延長は認めません。
3)研究生期間中,すべてのアルバイトは禁止します。勉学を最優先にしてもらいます。
4)研究生期間中に最低1本の論文を書くことが義務付けられています。条件を守れない場合,研究室での受け入れを中止することがあります。

中国の「高等教育自学考試」による大学卒業資格認定者は,本研究科の研究生に出願できません(※2017年7月21日教授会で確認)。

※出願時期と受け入れ時期(※詳細は研究科サイトで確認ください)
 ◎日本在留者。※母国での大学卒業後,日本国内の日本語学校などに所属している場合
  2月出願 → 同年4月受け入れ開始  8月出願 → 同年10月受け入れ開始
 ◎海外在住者
  10月出願→翌年4月受け入れ開始   4月出願→同年10月受け入れ開始

 《参考》 過去の石川ゼミ受け入れ研究生の進路  
 神戸大学大学院国際文化学研究科(5),関西大学外国語教育学研究科(1),横浜国立大学教育学研究科(1)                 

研究ミッション

石川研究室は,記述言語学・応用言語学の理論的背景に基づき,L1やL2の慣習的言語運用パタンおよびその習得・学習プロセスを科学的手法によって解明することを目指しています。

大学院生募集

石川研究室では,2016年度現在,博士後期課程2名,前期課程4名,合計6名が所属しています。コーパスに基づく科学的手法により,日本語・英語・中国語などの言語研究・習得研究を志している皆さんの受験をお待ちしています。